1/6

パスポートノート (菁文堂手帳用紙・A5スリム・プレーン)

¥1,650 tax included

Shipping fee is not included. More information.

思うがままにジャーナリングを楽しんでいただくために、無地のA5スリムノートを作りました。

表紙には、辰年でもありますし、龍をあしらったエンブレムを金で箔押し、ちょっとパスポートっぽくしてみました。

ノンブルノート「N」の姉妹品ということで、製本の仕様は全く同じ。人気のコデックス装ですので、パーンと180度開き、大変に書きやすいノートです。

本文用紙は「赤ちゃんのお尻」とも例えられる、すべすべつるつるしっとりの菁文堂手帳用紙。
手帳専用紙につき、薄いのにしっかりしており、万年筆インクも抜けにくいとご評価いただいております。(お時間がありましたら、下に紙のお話を書きましたのでご覧ください。)

書き心地最高の自由帳、どう使いますか?

おまけに、6mmと10mmの方眼を裏表に印刷したガイドシートをお付けします。
数量限定ですので、お早めにお求めくださいませ。

サイズ:A5スリム(115x210x7mm)
ページ数:160P
本文用紙:菁文堂手帳用紙(Seibundo Paper)
罫線:無地
製本:糸綴り先背巻き式(コデックス装) ・小口白 ・カド丸
表紙色:エンジ(表裏とも)

※別売りのノートカバーがあります。
https://www.nouto.shop/items/79248360

--------------------

菁文堂手帳用紙のお話

このノート、実は大いなる奇跡の産物でして、その奇跡とはズバリ「紙」です。
その名も、菁文堂手帳用紙。
まだご存知のない方も多いでしょう。

菁文堂手帳用紙は、手帳製造百年の菁文堂さんが王子製紙で特別抄造している、一般文具商品としてはまだほとんど出回っていない、手帳の専用紙です。

手帳の必須条件である「コンパクトさ」を追求し、「できるだけ薄く、しかし裏抜けは極力避ける」という相反する要素をギリギリまで突き詰めた紙。

その結果、「つるつるすべすべで、しかも不思議なしっとり感」という極上の質感を奇跡的に得て、「触っているだけで癒される」という万年筆ファンもいらっしゃるほど。
まさに「赤ちゃんのおしり」という例えがぴったりの触り心地なのです。

それがなぜ奇跡かというと、どうしてその質感を得られたのか、誰もわからないからです。

菁文堂手帳用紙は、もともと王子製紙の苫小牧工場で作られていました。
それが、会社の都合で宮崎の日南工場での抄造に変更となったのですが、同じ原材料で同じ機械、同じ設定で作ったのに、質感が全然違ったのです。

関係者はみな驚きましたが、これは神様からのギフトだと思うことにして、そのまま調整を続け、「新しい菁文堂手帳用紙」を完成させました。(製紙業界では、こういうことがたまに起こるそうです。)
それが、ノンブルノート「N」の企画が始まる少し前のこと。
これを奇跡と呼ばずになんと言いましょうか。

ぜひ、お手持ちの他のノートの本文用紙と触り比べてください。
そのきめ細かさ、滑らかさに驚かれると思います。
もちろん、そんな紙が書きにくいわけがありません。どんな筆記具でもストレスフリーの書き味をお楽しみいただけます。

For purchasers outside Japan

Purchases are made through the proxy shopping page on CDJapan.
Add to cart
Add to Like via app
  • Reviews

    (663)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥1,650 tax included

Add to cart
最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品